保険の情報をお探しの方へ

がん保険は通院時の保障も大切です

がん保険のすべて!
うちの家系はがんが多く、これまでにも身内でがん保険のお世話になったことが何度かあります。最近のがん保険は本当に保障内容が手厚く、どれだけ助かったかしれません。いざというとき経済的な助けになるのはもちろんなのですが、普段から、何かあっても、金銭的にはとりあえず大丈夫、という安心感は、何物にも代えられるものではありません。
さて、そんな私が、自分のがん保険を選ぶ際に留意したことが、2つあります。まず一つ目は、通院保障です。最近では、がんの入院日数はずいぶんと短くなり、うちの場合も、手術を伴うすい臓がんでも、一回あたりの入院日数は、40日程度でした。その代わり、抗がん剤と放射線治療の通院期間は、長かったですね。それも、家から病院までかなり遠かったので、通院保障が無かったら、ものすごい負担になっていたと思います。ですから、多少保険料は加算されても、通院給付の特約は必須であると、私は思っています。
もうひとつは、定期タイプか終身タイプか?ということです。私の場合、終身タイプを選択しました。保険料は、年齢と共に上がって行くのが普通ですから、もし定期タイプにして、10年なら10年経過したときに、再契約の保険料がドカンと上がるのは、収支のバランスから考えて、できるだけ避けた方がよい思ったからです。もちろん、この部分はいろんな考え方があると思うので、一概には言えませんが、いずれにしても、無理の無い範囲で、そのご家庭の事情に合った保険をじっくり選ぶことが大切だと思います。

保険でも話題の保険関連情報。このWEBサイトでチェック

Copyright (C)2017がん保険のすべて!.All rights reserved.